任意整理・自己破産解決窓口

任意整理

任意整理

 毎月一定の額を返済しても、利息の率が高い場合は、ほとんど利息に充当されてしまい、なかなか元金が減っていきません。そのような状態で、予想していなかった出費が発生すれば、新たに借入れをしてしまい、借りては返す、という自転車操業に陥ってしまう恐れがあります。この自転車操業の状態を脱するには、利息をカットしてもらう必要があります。そうすれば、あとは元金だけの返済となりますので、借金を返せば確実に元金が減っていき、完済することが可能となるのです。このように、今後の返済について利息をカットしてもらうという手続きを弁護士、司法書士がお金を借りた本人に代わって行うのが「任意整理」です。
 任意整理は、まだ自己破産をするほどの状況ではないが、このままでは自転車操業になってしまうような場合に最適な債務整理方法と言えます。一般的には「裁判所などの公的機関を利用せずに、私的に直接サラ金業者やクレジット会社などと和解交渉をして債務整理をすること」と定義されています。これを簡単に言うと、「このままでは自己破産しなければならない状況に陥ってしまうので、法律で認められた利率(約18%)で、今までの取引を計算し直し、債務額を確定し、さらに、これからの利息(将来利息)を全てカットした上で、3〜5年間(36〜60回)の分割弁済にする和解契約を締結する」手続きとなります。
 この手続きの特徴は、弁護士・(認定)司法書士のみが行うことができる手続きということです。もちろん和解交渉自体が本人ができないかと言えば、可能と言えます。但し、本人や親族による交渉では、各債権者は取引経過を明らかにせず、取り立ても止まらないのが現状です。結果として、サラ金・クレジット業者のいいなりの和解が締結されてしまうケースもあります。任意整理において、弁護士・(認定)司法書士に依頼し、手続きが開始され「受任通知(債務整理の依頼を受けたという通知)」という書類が債権者の下に届くと、法律上、すぐに借金の返済がストップし、取立ても止まることになります。任意整理を弁護士・(認定)司法書士のみが行うことができるというのは、「受任通知」という「水戸黄門の印籠」のような権利を弁護士・(認定)司法書士のみが与えられているからなのです。そして、借金に追われることのない精神的に落ち着いた状況で、これからの生活のあり方や、返済計画を立てていくことができるのです。
 さらに、任意整理の特徴として重要なのは、本人がどこかに出向いたり、誰かと交渉したり、書類を用意したりする必要が全く無いということです。つまり、依頼をした後は弁護士・(認定)司法書士が全ての手続きを代理して行うことになります。そのため、弁護士・(認定)司法書士との信頼関係がより大切になってくるのです。

法律家の選択方法

 任意整理(債務整理)において、弁護士と司法書士の違いとは何でしょうか?基本的に手続き的には変わりはなく、もちろん結果にも違いはありません。ネット上などで、借金の総額が140万円を超えると司法書士では手続きができないと書かれている場合もあるようですが、これは間違った情報で、実際に140万円を超えていても手続きは可能です。全国の司法書士が多くの多重債務者のために日々頑張っておりますので、そのような間違った情報に惑わされないように注意が必要です。
 また、「弁護士の方が優れている」「司法書士の方が劣っている」このような争いは、本当に困っている債務者を無視した権力闘争以外のなにものでもありません。多くの困っている方々が相談できる場所がたくさんあれば、そのような争いは無意味なことのように思います。もちろん、無資格の人が相談に乗って、いい加減な手続きをされては困りますが、弁護士も司法書士も同じ法律家として、困っている方々を救済するという同じ目標に向かっていれば何も問題は起こりません。弁護士だから、司法書士だからではなく、「人間として、この人ならば信頼して任せることができる」、そういった法律家を選びたいものですね。

任意整理のメリット・デメリット

メリット デメリット

注目サイト

最終更新日:2016/7/1

Copyright (C) 2008 任意整理・自己破産解決窓口 All Rights Reserved.